フォト

 recommend 

本棚

Twitter

それはどこの事を言っているのだろう? 法令上の制限 第一回後半

法令上の制限 第一回後半

○都市施設とは
*市街化区域および区域区分が定められていない都市計画区域内には
道路、公園、下水道を必ず定めなくてはならない。

*住居系の用途地域には必ず義務教育施設を定めなければならない。

*都市施設は都市計画区域外であっても定める事が出来る。

○地区計画等
大きな都道府県がやる都市計画を市区町村にふさわしいものに
アレンジして小さな都市計画を作ること=地区計画

用途地域が定められている土地の区域はOK
定められていない区域でも要件を満たせばOK
  =どこでも出来る

以下の行為着手の30日前までに市町村長に届出
*土地の区画形質の変更---造成
*建築物の建築---建築
*その他の変更

例外
ちょっとしたこと(軽易)、非常災害、国や地方公共団体
開発許可のあるもの

○都市計画法の決定権者
マスタープラン、区域区分、都市再開発方針---都道府県
(大きいもの)
用途地域、都市施設、市街地開発事業--都道府県または市町村
(両方)

○都市計画の決定手続き
*都道府県の場合
原案作成
住民の意見を聞く(公聴会)
計画案の公告、縦覧(意見書提出など)
都市計画審議会の議
  国の利害に重大な関係がある場合は大臣の同意を得る
決定
告示

*複数の都道府県にまたがる場合は大臣が決定する。

○都市計画制限
*容積率、建蔽率などを決める

*開発行為
都道府県知事の許可が要る。

・ 開発行為となるもの
  建築物の建築+造成(土地平ら)

  事務所や倉庫、特定工作物(2種は許可が要る-ゴルフコース、
  1ヘクタール(10000㎡)以上の遊び場お墓など)

・ 許可の要らないもの
公益上必要なもの。皆のためになるもの。の建設。
公的機関主導の建設。
都市計画事業の施行として行う行為。
 例・土地区画整備、再開発事業など
非常事態のとき
小規模な開発行為--市街化区域内で1000㎡未満の場合。
農林漁業用の建築物--市街化区域内1000㎡未満の場合。
              市街化調整区域内は許可不要。

・ 許可手続
知事に持っていく前に根回しが必要
関係がある管理者(現管理者)--同意必要
将来の管理者--協議が必要

申請->審査->許可・不許可(書面で通知)->検査->検査済証交付

・ 許可後
申請書に書いた内容の変更-->再申請で許可を得る
相続で地位継承-->許可不要
土地のオーナーが変わった-->知事の承認を得て地位継承可

不服申し立て-->開発審査会に申立て

工事完了の公告-->土地の造成が終わった時が工事完了
工事完了公告前は建築不可 例外あり
公告後-->予定外の建築不可 例外・用途地域が定められている
                       知事の許可があるもの

開発は許可がいるか要らないかかなあ??
用語が難しい…。

ちょっと間が空くと前のことを忘れていて頭の中で繋がらない。

だから復習からやるんだけど復習で眠くなる gawk


コメント

こんばんはhappy01
そうそう、勉強は間が開くと、取り戻しに時間がかかりますよね~でも、大人はなにかと忙しいのですdash
七月あたまに司法書士試験がありまして、職場の後輩が3度目のチャレンジなんですが、苦戦中です・・
新たに覚えることより、忘れることの方が多くて、頭の中に記憶がとどまってくれない~~と嘆いてますbearing
仕事しながら勉強を続けるのは大変ですが、
ronronさんも、頑張ってくださいねheart02

みゅうさん、単にやる気の問題?とも思いますけどね。
一旦サボりだすと歯止めが利かない自分に限りなく甘い体質なもんでthink
家族に「お前はぼけるから魚を食え!」と言われてますが
苦手なんですよ~fish
後輩君はもうすぐか~。ガンバレ!
(お前もがんばれよ?)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ